(パパ向け)パパ活女子にモテるコツ

パパ活パパ向け

はじめに

さて、本日はパパ向け記事になります。

男というものは結婚しようが、幾つになろうが女子にモテたい生き物であります。パパ活は金銭のやりとりを前提とした関係ではありますが、やはりモテるとまでは言わないまでも、女性が相手に好感を持ちやすい立ち居振る舞いであったり、服装をすることにより、より良い関係を容易に築くことが可能になります。

また、場合によっては、通常のパパ活相場よりも安いコストで関係を築けることもありますので、「モテ」というのは大変重要な要素です。

ということで、本記事では、

  • どうすればパパはパパ活女子にモテるのか

という点に着目して整理してみたいと思います。

パパ活女子にモテる4つの要素

パパ活女子にモテるコツ①:まずは見た目から

パパ活女子向けの記事でパパは外見から入りますと書きましたが、パパ活女子側も同様です。

幾らお金持ちであっても、生理的に受け付けない、一緒に居ることがストレスと思われてしまうと、良い関係を築くことができません。やはりパパとしても一定以上の見た目はあるに越したことはありません

ということで、パパが考慮すべき見た目のポイントをまとめてみました。

服装はスーツ一択(できれば細身)

服装は議論の余地はありません。スーツ一択です。

どんな男性でもスーツをきちんと着こなしているだけで、ある程度恰好よく見えますので、服装でパパ活女子に嫌がられることはなくなります。

とはいえ、どんなスーツでも良い訳でもないですし、着こなす上でのポイントもありますので、以下にいくつか注意点を挙げます。こちらを留意しながら改めて身なりをご確認いただければと思います。

スーツ着こなしのポイント①:サイズ

最近のスーツの流行りは細身です。間違ってもダボダボのダブルのスーツなんかではモテません。スーツの価格はかなり上下幅がありますが、そこまで高いものである必要はありませんので、体にあったスーツを選んでください。

また、ピンクやはっきりしたストライプ、ブレザータイプ等は着こなしが難しいですので、自信のある方以外にはおすすめしません。

黒、もしくはダークネイビー等の落ち着いた色をお勧めします。モテようと思うあまり、あまり派手なものを選んで、うっかりミナミの金貸しのようなスタイルにならないようお気をつけください。

スーツ着こなしのポイント②:靴

これは昔から有名な話ですね。銀座や六本木のホステスなんかは、お客がお金を持っているかどうか見極めるために、靴を見ると言いますよね。

とはいえ、それほど高い靴を履く必要もないです。どちらかというと、

  • 踵がすり減った靴は履かない
  • きちんと磨いてある靴、もしくは新しい靴を履く

といったポイントだけ押さえておけば十分と思います。

スーツ着こなしのポイント③:シャツはパリッとさせておく

さすがにそんなにいないと思うのですが、時々アイロンが掛かってないシャツを着用されている方がいらっしゃいます。

非常にだらしなく見えますし、どんなに他がきちんとしていてもダメな人に見えてしまいます。クリーニングで数百円の世界ですので、きちんとアイロンが掛かったシャツを着用しましょう

スーツ着こなしのポイント④:フケに気を付ける

意外と気づいていない方が多いようなのですが、スーツの襟のところに白いフケが点在している方が時々いらっしゃいます。これはビジネスシーンでも当然NGですが、女性から見ると非常に不潔感が漂いますので、絶対にNGです。

人にお会いする前にはきちんとフケを払ってお会いしましょう。というか、普段からこまめに払いましょう。

髪型は潔く

申し訳ありません。いきなり潔くと書きましたが、別に薄毛の方を中傷している訳ではございません

とはいえ、いわゆるバーコードと申しますか、某演歌歌手と申しますか、薄毛を気にしてカバーしようとする余り、いびつな髪型となってしまわれている方がそれなりの割合でいらっしゃいます。

女性は薄毛自体はそれほど気にしておらず、清潔感のある髪型かどうかが重要ですので、粘られている方はすっきりと坊主やスキンヘッドにされることをお勧めします。

また、一定以上の年齢で変に色気づいたホストのような髪型も気色悪がられてしまいますので、お勧めしません。

ニオイに気を付ける

女性は一般的に論理よりも感覚を優先することが多いのは皆さんご存じかと思います。特に感情であったり、気持ちを左右するのが「ニオイ」です。

まあ女性に限らず不快なニオイのオジサンは嫌がられるものではありますが、改めて自分の体臭であったり、衣服のニオイ、口臭(たばこやコーヒー含む)について、不快にさせるものがないか、確認いただければと思います。

ワキガの自覚のある方はお医者さんに参りましょう。また、自分のニオイが気になるからと言って、強い香水を使っても、それはそれで嫌われますのでご注意ください。(混ぜるなキケン、というやつです・・・)

その他のNGパターン

その他細々としたものはありますが、特にこれは一発NGとなってしまうパターンについて列挙してみます。

NGパターン①:爪が長い

たまにいるんですよね、妙に爪が長いオジサン。何かこだわりがあるのか、特定の指だけ爪が長い方なんかも見たことがありますが、正直怖いです。

普通に爪は短くしておきましょう。

NGパターン②:歯の色が黄色、または灰色

こちらは結構いらっしゃるのですが、喫煙やコーヒー(または両方)がお好きな方で、歯の色が変色しているパターンです。

非常に不健康に見えますし、不潔感が漂ってしまいます。歯のホワイトニングで白くすることをお勧めしたいところです。

ただホワイトニングしすぎて不自然に白くなりすぎても引かれますのでご注意ください。

NGパターン③:食べ方が汚い、音を立てる

もはや見た目ではなくなってきている気がしますが、これは嫌われます。食べたものが散らかったり、くちゃくちゃ音を立てながら食事される方は一緒に居るだけでストレスになります。

サイト管理人も全く関係のない赤の他人ですら、食事中にくちゃくちゃ音を立てているとイラついてきます。

習慣化されている方はなかなか直しづらいと思いますが、是非ご留意いただければと思います。

パパ活女子にモテるコツ②:礼儀正しく、気遣いをする

これはパパ活女子側向けの記事でも書いたのですが、社会の様々な場面において、礼儀正しく、気遣いができる人が悪い印象を受けようはずがありません

特にパパ活をされているような、一定の成功者の方々はパパ活女子は生意気な小娘のように感じてしまいがちだと思いますが、きちんと一人の女性としてリスペクトをもって、気遣いされると好意を持っていただけるのではないかと思います。

パパ活女子にモテるコツ③:大人の話は簡単にしない

パパ活サイトでお会いした女子にお話をお伺いしていると、一番嫌われるパターンが下ネタ全開オジサンです。

まあ男性というものはそういう生き物ではあるのですが、そう簡単に尻尾を出してはいけません。

魚釣りに例えるとわかりやすいでしょう。魚がいるからと言って、すぐに針を引き揚げてもすぐに魚は逃げてしまいます。じっと機を待ち、魚が針を外せないところまでエサを吸い込むところまで我慢して、ようやく釣り上げられるものなのです。

パパ活で大人を目指すということは、入念な準備と緻密な戦略が必要なのです。

ですので、簡単には下ネタだったり、ボディタッチであったり、そうした素振りは全く見せず、信頼を築く期間を設けましょう。仲良くなって、徐々に色々な話の流れから大人に仕向けることが常道です。

え?

そんなまどろっこしいことはしていられない?

そうした方には素人風俗店をお勧めいたします

おわりに

いかがでしたでしょうか。

パパ活女子にモテるコツとして書いていますが、ほとんどの内容はパパ活女子に限らず、様々な女性に対しても通用するポイントです。

是非、内容ご理解・習得頂き、日々の生活にも活かして頂ければと思います。